賃貸・併用住宅 - 家づくりのポイント

 

建物の基本性能で大きな差がつきます。

建賃貸・併用住宅を建てる上で大切なことは、10年後、
20年後の住まいを思い描くこと。”新しさ”という価値が
なくなっても競争力のある物件を作らなければなりません。
長期的な視点で考えたときに、建物の基本性能の高さで
大きな差がつくことをご存知ですか?
木造から鉄筋コンクリート造に建てかえるオーナー様が
多い理由がそこにあります。

Essentials For Income Housing

建物の基本性能で大きな差がつきます。

建賃貸・併用住宅を建てる上で大切なことは、10年後、 20年後の住まいを思い描くこと。”新しさ”という価値が なくなっても競争力のある物件を作らなければなりません。 長期的な視点で考えたときに、建物の基本性能の高さで 大きな差がつくことをご存知ですか? 木造から鉄筋コンクリート造に建てかえるオーナー様が 多い理由がそこにあります。

非常に多い「音」のトラブル

一般財団法人不動産適正取引推進機構が2011年に行った調査によると、実に33%もの賃貸オーナー様が人的なトラブルで多いものとして騒音を挙げており、最も多いトラブルとなっています。
入居者同士の音のトラブルは、入居者の満足度を低下させ、退去率を高めることにつながってしまいますし、さらに大きなトラブルにエスカレートすることも考えられます。
入居率を高めるだけでなく、退去率を低く抑えることが長期安定経営において重要なポイント。そのためにも賃貸・併用住宅には高い遮音性能が必要です。

レスコハウスのWPC工法の特長の一つが遮音性の高さ。その性能の高さは、木造・鉄骨造など他の工法を大きく上回り、騒音トラブルを心配する必要はありません。 遮音性の高さの理由はPCパネルと二重壁四層構造。高品質なPCパネルと発泡ウレタンが、外部の騒音を中に入れず、室内の音を外へ出しません

入居者同士の音のトラブル防止だけでなく、オーナー様がご自宅で気兼ねなく暮らすためにも必要な遮音性を、レスコハウスの賃貸・併用住宅はしっかりと兼ね備えています。

<賃貸住宅で多い人的トラブル>
トラブル内容 割合
騒音 33.3%
ゴミ出し 27.7%
違法駐輪・駐車 27.1%
共有部分の不正利用 6.3%
ペット飼育 5.5%
参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構  RETIO 83号

建築費は生涯コストの氷山の一角。メンテナンス費が大きな負担に。

賃貸経営には何かと費用がかかるものです。建物のメンテナンス(修繕)費や保険料、固定資産税、所得税、住民税...。長期安定経営を考える上では、建築費だけでなく、これらのランニングコストも考えたプランニングが必要です。
その中でも特に建物のメンテナンス費は、大規模なものになると数百万円にもなり賃貸経営に大きな影響を与えかねません。古くなった木造アパートが修繕費ばかりかかって・・・なんてこともよくある話です。賃貸・併用住宅には20年後、30年後先を見据えた耐久性が必要なのです。

レスコハウスのWPC工法は劣化に強いPCパネルを使用しており、推定耐用年数は183年と超耐久。建て替えの心配をする必要がなく、簡単なリフォームで新築同様の建物に生まれ変わるため、20年後、30年後でも競争力の高い物件として安定経営を支えてくれます。
また、強靭な躯体とスケルトン・インフィル構造の建物は、将来の間取り変更にも柔軟に対応可能です。市場ニーズに合わせて間取りを変更したり、賃貸・併用住宅から二世帯住宅に変更したりといった、大胆な間取り変更も可能にしてくれます。20年後、30年後になっても困らない耐久性と可変性を、レスコハウスの賃貸・併用住宅はしっかりと兼ね備えています。

賃貸住宅も「エコ」な時代

収益性などが重視され、これまであまり注目を集める事がなかった賃貸住宅の「エコ」。入居者にはメリットが大きくても、オーナー様にはメリットが少ないというのが大きな理由の一つです。 しかし、「スマートハウス」や「ゼロ・エネルギー住宅」を見ても分かるように、世の中の住宅に対する環境意識は年々高まっています。国も、住宅の約4割を占める賃貸住宅のエコ対策が低炭素社会実現に必要不可欠であるとして、2012年に「エコ賃貸住宅CO2削減実証事業」を創設するなど、環境性能に優れた賃貸住宅の普及促進に向けて動き出しています。賃貸住宅もエコを求められる時代がすぐそこまで来ているのです。

賃貸住宅のエコを考える上で欠かせないのが、建物自体の環境性能、つまり気密性断熱性です。この2つの基本性能をしっかりと兼ね備えていなければ、せっかく揃えた最新の省エネ設備も期待した効果が得られません。レスコハウスのWPC工法は、次世代省エネルギー基準を大きく上回る気密性・断熱性を兼ね備えており、エアコンの使用量をぐっと抑えられるから、入居者の光熱費負担を減らしてくれます。
さらに、1年を通して快適な室内環境を保ってくれるので、入居者の満足度も高く、退去率低下に大きく貢献してくれます。賃貸市場の競争が激しくなり、付加価値として注目を集めつつあるエコ賃貸住宅。そのエコ賃貸住宅に必要な高い気密性と断熱性を、レスコハウスの賃貸・併用住宅はしっかりと兼ね備えています。

エコ賃貸住宅の普及に向けて国の
実証事業が始まる(環境省HPより引用)

都市部の敷地を有効活用

10年後、20年後も安定した収益を上げるには、建物の魅力だけでなく立地・エリアも重要な要素の一つです。賃貸ニーズの高い敷地を有効活用できれば、長期的な安定収益の見通しも明るくなります。
そのためにも、活用したい土地の形状や敷地に対する法規制などを高いレベルでクリアすることが大切です。

レスコハウスのWPC工法は、非常に強固な躯体を誇り、耐震性はそのままに、限られた敷地に柔軟に対応できる自由設計が可能です。賃貸戸数を増やして収益性を高めるなど、長期安定収益化に大きく貢献します。また、非常に優れた耐火性を持つ耐火構造のため、防火地域・準防火地域での建築制限や、都市部の窓先空地規制にも有利に働き、敷地を有効に活用することができます。
入居者の安心・安全を守るのはもちろんのこと、敷地の有効活用という観点でも、建物の基本性能は非常に重要なのです。

レスコハウスなら20年後、30年後も安心!オーナー様を支えるサポートシステム

空室リスクも安心!35年の一括借上システム

空室や家賃滞納など、オーナー様の不安を解消するのがレスコハウスの35年一括借上システムです。 オーナー様から建物を一括借上げし、空室の有無に関わらず毎月一定の賃料をお支払いさせて頂きます。 煩わしい管理からも解放され、安心して賃貸経営を続けることが可能です。 基本性能に優れるレスコハウスだから実現したシステムです。



ずっと安心!35年長期無料点検・補修制度

20年後、30年後も競争力のある賃貸住宅を保つためには計画的なメンテナンスが重要です。 レスコハウスは基礎・躯体について、35年間無料補修点検を行います。 定期的なメンテナンスでオーナー様の安心と信頼にお応えします。



プロだから安心!無料相談サポート

資産管理をより良いカタチで次世代にご継承頂く為、レスコハウスでは専門家による資産管理サポートが充実しています。 賃貸経営に関わる全ての場面でオーナー様をバックアップさせて頂きます。



資料請求

展示場来場予約

ソシエコパン

ソシエ コパン

ソシエコパン

ニュートリノコパン

ニュートリノ コパン

ニュートリノコパン

オプティマ

オプティマ

オプティマ

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。