image image image image image image image image

老後も楽しく過ごせる空間設計と家族の思い出を大切にした家づくり。

千葉県千葉市T様邸

ソシエ - 平屋

  • 屋上利用
  • 平屋

建築ノート

家族構成ご夫婦
商品名ソシエ 平屋
敷地面積566.48㎡(171.36坪)
1階床面積107.67㎡(32.57坪)
延床面積107.67㎡(32.57坪)
  • 資料請求
  • 展示場来場予約

オーナー様インタビュー

家づくりのきっかけ

建替えを検討されたのは、以前の住まいの劣化や段差の多さといった機能的な部分が気になり始めたこと、ご主人の定年というタイミングが重なったことだったと、語ってくれたT様。 「明るく楽しい老後にしたい」というご夫婦共通の夢もあり、それを叶えるためにも当時の住まいのままでは難しいと判断されたそうです。

オーナー様インタビュー

レスコハウスを選んだ理由

「老後も楽しく過ごせる家」という明確なテーマがあったこともあり、車イスでも行動しやすい動線が確保されていること、移動の負担が少ない"平屋"であること、地震の心配を軽減できる強い家であることなど、初期の検討段階から具体的な要望を持っていたというT様。そんなT様がレスコハウスに決めた理由は、「各ハウスメーカーと打合せしていくなかで、自分たちの希望を理想どおりに表現できるのが、レスコハウスだと気付いたから」だそうです。

外観

「実は他社で決めるつもりだったんです。ところがレスコハウスさんと出会い、プランを提案してもらった結果、レスコハウスさんの方がはるかによかった。これだけ期待どおりだったのはレスコハウスさんだけでしたね。どんでん返しでレスコハウスさんに決め直しました」と奥様。ご主人も「プランもそうですが、地震に強い構造というのも魅力でした」とレスコハウスに惹かれた経緯を教えてくれました。

加齢に配慮した空間設計 - 平屋 - で、将来の安心を確保

各部屋の出入り口は、すべて80㎝以上の幅を確保

車イスでも動きやすいよう、すべての出入り口は80㎝以上の幅を確保し段差も解消。また、廊下面積を極力抑えることで、移動距離にも配慮されています。 「父を介護していた経験を踏まえ、細かに要望を伝えました」とご主人。 引戸の採用や水廻りの動線設計、足元灯の設置など「車イスを考慮した移動」以外にもさまざまな工夫が見られます。

廊下

トイレ、お風呂場も温度のバリアフリー化

室内での温度差リスクを防ぐため、トイレとお風呂場にもエアコンを設置。WPC工法の気密性の高さと合わせ、温度のバリアフリー化にも配慮された設計となっています。

お客様を招くための多彩な工夫

ダイニングには憩いのタタミコーナー

ダイニングに設置されているのは、仏間としても活用されている小上がりのタタミコーナー。段差を利用してベンチ感覚で座られるゲストの方も多いのだとか。また、タタミコーナー用の座卓とダイニングテーブルの高さを一致させ、大テーブルとして活用するという独自の工夫も。「うちは親戚が集まる機会が多いので、大勢で食事を楽しむために考えました」と奥様。きめ細かな配慮によって楽しい空間演出を実現されていました。

リビング・ダイニング・たたみコーナー

適度な開口で見せないキッチン。

キッチン側からはゲストの様子を把握したいけど、ダイニング側からはあまり見られたくない。そんな要望をお伝えし、レスコハウスさんから適度な開口部の大きさをご提案いただきました」と奥様。視界と視線、どちらにも配慮された対面式キッチンとなっています。

キッチン

住まいの第一印象は、明るい空間に

玄関ホールには、トップライトを採用し自然光による明るさを確保。「昼間は電気をつけなくても十分」とおっしゃるほど明るい空間に仕上がっています。

明るいトップライト

日向ぼっこやバーベキュースペース

明バーベキュースペース

リビングにウッドデッキスペースを設置し屋外とのつながりを創出。車イスでの移動やバーベキュー時の持ち運びを考慮し開口部は全開口サッシを採用されています。「孫と遊ぶのが楽しみ」「日向ぼっこにも最適」などなど、T様邸の憩いの場として今も、これからも活躍し続ける空間となっています。

以前の住まいの思い出を大切に

思い出のつまったミカンの木や屋根瓦を活かして

30年以上前から毎年収穫を楽しみにしているというT様。思い出のつまったこの木を、いかにそのままのカタチで残すかも家づくりのポイントだったそうです。 また、以前の住まいで使用していた屋根瓦を花壇として活用。お花を育てるのがご趣味という奥様も、大変満足のご様子でした。

みかんの木


花壇


欄間をインテリアとして活用

リビング・ダイニングへの入口上部に欄間を取付けインテリアとして活用。「レスコハウスの設計士さんからの提案で採用しました。思い出をこういったカタチで残すことができて満足です」とご主人。

欄間

今までの住まいの面影を残しつつ、みんなが集まり快適に過ごせるだけでなく、老後も安心に暮らせる家づくりができたと、T様も大変満足のご様子でした。

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。