image image image image image image image

レスコハウスで実現した、2世帯3世代を見据えた“こだわり”の家づくり。

東京都世田谷区W様邸

ローリエ - 2階建て注文住宅

  • 二世帯
  • 趣味・こだわり

建築ノート

家族構成親世帯2人+子様3人
商品名ローリエ
敷地面積160.66㎡(48.60坪)
1階床面積79.13㎡(23.94坪)
2階床面積81.52㎡(24.66坪)
延床面積160.65㎡(48.60坪)
  • 資料請求
  • 展示場来場予約

オーナー様インタビュー

様々な工法を比較して確信した、レスコハウスの安心感と鉄筋コンクリートの2世帯住宅

「両親と私たち、そして子供が安心して住み続けられる。そんな住宅を考えた時、鉄筋コンクリートの住宅という結論しかありませんでした」 そう話してくださるのは世田谷区のWさんご夫婦。子供が大きくなることを見越して「2世帯3世代」の世代を超えて住み継がれる住宅を計画されました。

オーナー様

“地震が大の苦手”で“新築するなら地震に強い家を”という奥様のご要望から、ご夫妻はレスコハウスの鉄筋コンクリート住宅に的を絞ったそうですが、2世帯ということで、ご両親の意見も重要であったはずです。 「決めるにあたって両親から“他のメーカー・工法もきちんと確認してほしい”と言われました。そこで木造、重量鉄骨、鉄筋コンクリートでそれぞれ複数の見積りをとったのです」

外観

「この見積りの過程でいろんなことがわかりましたね。木造住宅は、3世代が暮らす年月を考えると、2度の建て替えが必要となります。“堅牢な2世帯住宅”を目指すと、重量鉄骨と鉄筋コンクリート住宅の二択でした。しかし同じ要件で見積りをお願いしたところ、費用的にも競争力があると思ったのがレスコハウスでした」

「値段だけじゃないんです。家を建てようとするとき、何度も打ち合わせが必要じゃないですか。この打ち合せのやり取りの中で、レスコハウスさんは“知識が豊富だなあ”、“こちらの要望にきちんと向き合ってくれるなあ”という印象を受けたんです。これは安心感につながりましたね」

「実際、なんていうのか“呼吸が合った”という感じです。初めての注文住宅ですし、いろんな打ち合わせがあるんですよ。その時、設計の担当者が出てきたり、インテリアコーディネーターの方と設備や内装を相談する日があったり。一度は施工の監督さんが来られました。それぞれの方が現場のプロじゃないですか。どの方も素早く的確な回答がもらえたんです。それだけに、こちらもいろんなリクエストがしやすかった。自分の家ですから、思い通りに建てたいじゃないですか」

広いリビングや豊富な収納など、こだわりを伝えると実現してくれた

住まいづくりでのこだわり

「2世帯3世代なので、みんなが共有する場所が居心地いいことを考えました。リビングを広くとって、広くて気持ちがいいから自然に家族が集まってしまうような場所をリクエストしました」

「そのリビングの横の畳のスペースは子供のための場所です。子供は親二人より、大勢の中で育てたかったんです。子供部屋じゃなく、リビングに常に居て家族の中で育つ、という。この畳スペースは、小さい間は遊び場で、少し大きくなったら勉強スペースになるよう仕掛けをしてあります。おもちゃ類は畳の下へ収納ですが、ふすまの奥には本棚もあります。子供が将来どういうふうに過ごすかはまだ分かりませんが、この場所を自由にアレンジしてくれればと思っています」

「広いリビングなんで、ソファーセットを置こうかとも考えましたけれど、子供は広くて走り回れるほうがいいかなあと思って、なにも置かないスペースにしたかったんです」

これだけ広く使うと、収納はひとつのテーマですね?

「二世帯なので、当然モノは多いです。各部屋に収納を設けましたが、当然それでは収まらない。それがわかっていたので、設計の段階で屋根裏に収納部屋を作ったのです」

隠し階段でアクセスする天井裏の空間は、驚くほどのスペース。しかもけっこう大きなものも収納されています。 「あれだけのものを、屋根裏にはふつう置けませんよ。最初不安もあったのですが、十分な荷重に耐えられるのが鉄筋コンクリートのメリットです。モノの多い家族なのですが、とてもすっきり空間を使うことができています」

「収納はこだわりました。キッチンは最初標準サイズのアイランドにしようと思ったのですが、“少し大きくすると収納が活かせますよ” というアドバイスをもらって長めにしました。カウンター下の収納がとても便利で、たとえば普段使うわけではないけれど、素敵なワイングラスとかあるじゃないですか。そういうお気に入りを飾るように収納して、特別な日にすぐ出せる。これだけでも生活の気分が高まります」

「あとは本ですね。本好きの家系で、私たちだけじゃなく父母の蔵書もすごい量なんです。そこで以前からの本棚に加え、各部屋に作り付けの本棚を壁全面に作り付けました。たくさん納められるだけでなく、耐震面でも安心して本を楽しめます。見た目もすっきりしました」

3世代で住み継ぐ住まいとしての家づくりができた

いつまでも居心地がいい住宅であるために、長いスパンで考えた

「モダンな家とかにも憧れはあったのですが、長く住むつもりなのであまり奇をてらったものではなく、落ち着いたトーンがいいと思いました。オフホワイトと木目で家具を揃えるつもりだったので、建具や床材も可能な限り同じトーンで選びました」

「この家の象徴として選んだのがステンドグラスのリビングドアです。これは建具のショールームでみつけました。これを使いたいと伝えると、そのイメージに合わせて門扉も選んでくれました。とても気に入っています」

「建物の外観は奇抜さがないものを望みました。外壁のタイルは大きさや色で建物に深みを持たせるよう検討しました。これから5年、10年、15年と、どのように家族が変化していくかわかりませんが、長い年月を想定してひとつひとつの決めていったのは、新鮮な体験でした」

「遠い将来のことですが、車椅子や介助で困らないよう、トイレも広くとってあります。今はこの広さが心地よいですね」

「もちろん100%思い通りというわけにはいきません。いろいろ妥協点もありましたが、出来上がって住んでみるとこれでよかったと思う。少し未来のことを想像しても、やっぱりこれで正解だろうと思う。自然災害に耐え、3世代が安心して住み続けられる住宅の答えは、レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅にあったと確信しています」

たくさんのこだわりが詰め込まれた、2世帯3世代が住み継ぐための丈夫で長持ちする家づくり。レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅ならではのアレンジや対応力だからこそ、安心して実現いただけたようです。

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。