レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

 

快適に住める
断熱性能の高さ」

夏は涼しく、冬は暖かく。
日本では昔から季節ごとに快適に過ごすため、
さまざまな工夫をしながら暮らしてきました。
冷暖房機器は普及しましたが、温暖化で夏の気温は不快なまでに上昇し、
さらに冷暖房にコストがかかる。
この快適さと高コストの関係、もっとすっきりさせたいですね。
その答えは、家の断熱性にあるのではないでしょうか?

Resco House Technology

快適に住める
断熱性能の高さ」

夏は涼しく、冬は暖かく。 日本では昔から季節ごとに快適に過ごすため、 さまざまな工夫をしながら暮らしてきました。 冷暖房機器は普及しましたが、温暖化で夏の気温は不快なまでに上昇し、 さらに冷暖房にコストがかかる。 この快適さと高コストの関係、もっとすっきりさせたいですね。 その答えは、家の断熱性にあるのではないでしょうか?

夏涼しく、冬暖かい。理想的な住まいとは

毎日を過ごす住まいだからこそ1年を通して快適に。そう考えた時、鍵になるのが「熱を逃がさない」家の断熱性。つまり、不快な外気や不要な熱を入れず、気持ちの良い風や光を適度に取り入れる。そんな風に家族にとって気持ちの良い環境にコントロールしやすいこと。それは冷暖房コスト低減や快適に暮らすポイントなのです。

“お部屋の温度をコントロールしやすいことは、
家族がいつでも快適に過ごせること。
そして、生活コストにもメリットをもたらします。”

断熱性能が高い1

冷凍庫にも使われる高性能な断熱材

一般的な断熱材であるグラスウールは、湿気を帯びると断熱効果が落ちます。施工方法や施工 不良によって、せっかく断熱性を上げるために入れたグラスウールが、逆に結露やカビを発生させる原因となるのです。
レスコハウスでは冷蔵庫や保冷庫という、冷気を逃がさないための機器にも使われる高性能断熱材である、発泡ウレタンをPCパネル内側に 隙間なく吹付けます。さらに外側の目地も完全 にシーリングすることで、木造・鉄骨造の約5倍の気密性能を実現しています。

■家の隙間の小ささを表す気密性能(C値)でみると

気密性能とは家の隙間の小ささを表す性能(=C値)で、家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるかを測る数値。数値が小さいほど気密性が高く、気密性を評価する指標として用いられています。
レスコハウスのC値を見ると、一般的な気密住宅のなんと1/5!圧倒的な気密性能を持っていることが分かります。

image

家のすきまはどこに?

住まいには様々な「すきま」があります。
「すきま」が多いと外気の影響を受けやすく、冷暖房の効率が悪くなり、快適さと冷暖房効率を損なうことになります。すきまができる場所は、躯体や建材、窓のつなぎ部分だけでなく、配管や電気などの室内設備など、日常を快適に過ごすために必要な設備を設置することでも生じしてしまいます。だからこそ基本的な断熱性能の高さが大切なのです。

すきまが生じやすい部分

断熱性能が高い2

断熱材の効果を高める2重壁四層構造

高性能な断熱材も施工方法が適切でないと、その効果が期待できません。
レスコハウスが採用する2重壁四層構造は、PCパネルと断熱材である発泡ウレタンで外気を遮断し、さらにその内側に空気層を作ることで、より断熱性能を高めています。
またPCパネルと断熱材が密着している為、外壁内部に結露が起こる心配もありません。

2重壁四層構造

断熱性能が高い3

体にもおサイフにもやさしい快適さ

■体にやさしく快適に過ごせる

冬場、暖かいリビングから廊下や浴室、脱衣室、トイレなどへ移動すると、体がびっくりすることがあります。これは温度変化により血圧が急変すためでヒートショックと呼ばれるもの。
年配の方などは、心筋梗塞や脳卒中などのを引き起こすおそれもあります。
これは、夏場でも同じこと。クーラーの効いた部屋から出た時の温度差も体によくありません。
これには、住宅内の温度差を小さくすることが大切になります。
熱を家の外に逃がしにくい、断熱性の高い家であれば、リビングだけ冷暖房を強くきかせるのではなく、家全体の温度をある程度均一に保つことも可能です。

image

住戸内の温度差が少ないことは体に負担がかからないだけではありません。家での暮らしが快適なのです。想像してみてください。冬に強い暖房の効いいた部屋から寒いトイレへ移動する。夏に冷房の効いた寝室から暑いままの洗面所へ。あの不快感が抑えるたまま過ごせるのです。

■おサイフにもやさしい快適さ

レスコハウスでお住まいの方からは「就寝時の冷暖房をつけっぱなしにすることは少なくなった」「エアコンを使うことが減った」という声を多く聞きます。冷暖房を使ってもすぐに適温に。その後、エアコンを切っても長時間、大きな温度変化は感じられません。
断熱性の高さが「家の外に熱が逃げてゆく」ことを防ぎ、光熱費の削減をすることにつながる。例えば、オール電化住宅で比較すると、通常の電気・ガス併用住宅に比べ、なんと約88%も光熱費が減るということも。
電気代の約30%を占めると言われる光熱費をこんなにも節約できるかもしれません。

image

断熱性の高さを実感されたオーナー様の声

多くのオーナー様が断熱性の良さについて実感されているようです。
•夏は冷房を少しかけるだけで涼しさを保てるし、冬は床暖房のみで十分暖かいですね。
•エアコンの使用は減ったように感じます。
•寝るときにエアコンを消しても、朝起きたときに寝た時との温度差をあまり感じません。
•建替え前の木造がすきま風がすごかったのですが、レスコハウスは冬も暖かく快適です。
•一年中一定の気温とまでは行きませんが、夏は涼しく、冬は温かいです。
•光熱費が少なくて済んでいます。

  • 資料請求
  • 展示場来場予約

レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

長く住めること

  • 耐久性が高いこと
  • ライフサイクルコスト=生涯費用が抑えられる
  • 信頼できる会社を選ぶ

安心して住めること

  • 地震に負けない
  • 火災に負けない
  • 風雨・水害に負けない

快適に住めること

  • 断熱性能が高いこと
  • 遮音性が高いこと
  • 屋上が使えること

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。