レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

 

安心して住める
火災に強い」

木造が中心だった日本の家屋は、火災に弱いとされてきました。
今でこそ、さまざまな技術により木造の耐火性能も高くなってきていますが、
火災に対する住宅性能は、「燃えない」だけではありません。
「もらわない」「拡げない」ための性能や災害後のこと。
考えたことありますか?

Resco House Technology

安心して住める
火災に強い」

木造が中心だった日本の家屋は、火災に弱いとされてきました。 今でこそ、さまざまな技術により木造の耐火性能も高くなってきていますが、 火災に対する住宅性能は、「燃えない」だけではありません。 「もらわない」「拡げない」ための性能や災害後のこと。 考えたことありますか?

燃えにくいことは、あたりまえ。

家族と每日を過ごす家ですから、家族の命を守るために火に強いことは大切です。
そして、都市や住宅街など、家が密集したエリアで火災が発生すれば、近所を巻き込む大きな災害となる可能性があり、その被害は自宅のみではなくなります。
反対に、近所の火災に巻き込まれてしまうようなケースも考えられます。
火災は出火元だけでなく、周辺全体にも大きな影響をあたえる可能性のある災害なのです。
燃えにくい家は、あたりまえの住宅性能として考えたいものです。

image

“家族の命を守るため、地域を守るため。もらわない、拡げない耐火性能を。
そして、火災後の補修・住み替えなどのコストも考えましょう”

火災に強い1

命を守る、燃え崩れない構造躯体

万一の火災の恐怖は、炎だけでなく、躯体が焼けて崩れ落ちること。下敷きになったり、逃げ場を失うこともあります。
高温になっても強度低下を起こしにくい鉄筋コンクリート住宅は、木や鉄骨でつくられた家が火災で崩れてしまう温度や時間では、燃え崩れることが無く、外部からの類焼にも、内部からの延焼にも被害を最小限に抑えることができるのです。

耐火性能

素材によって違う、温度に対する強度低下

鉄やアルミニウムなどの金属素材は高温になると急速に強度が低下し軟化します。 これに対しコンクリートの強度はほとんど変わらず、火災に強い建築材といえます。

image

火災に強い2

家を守る。街を守る。延焼率2.3%の実力。

■火をもらわないこと~燃え移らない

例えば、隣家が火災を起こした場合、隣接する外壁温度は840度になります。外装材が不燃材料であっても外壁温度が260度を超せば内装材などに自然着火し延焼してしまうのです。
レスコハウスの外壁は燃えないコンクリートであるため、1,000度近い高温でも強度低下を起こさず、燃え崩れません。1.5m離れた隣家の火災でも雨樋以外はほとんど被害がありませんでした。

image

もらわない安心

image

■火を拡げないこと~燃え移さない

コンクリート住宅の場合、壁・床・天井といった躯体全体が防火区画の役割を果たすため、 万が一、建物の内部から出火した場合でも、近隣への延焼などの被害拡大を防ぐ事ができます。
実際に被災されたお宅でも、お隣りへの被害はなく、被害を最小限に抑えることができたという事例も。

image

プロが認める耐火性能。火災に強いから保険料が木造の最大22%

火災に強いレスコハウスは、火災保険料率が住宅最高基準にランクされ、保険料は最大で木造の約22%にも。
災害のプロである保険業界からも認められているのです。

一般保険会社例

火災に強い3

再利用可能な強い構造躯体で被災後のコストを抑える。

通常、躯体が大きく損傷した場合、修復は難しくなりますが、火災にあっても耐力が低下しない構造であれば、再利用できることも。高温になっても強度低下を起こさないレスコハウスの構造躯体は燃え崩れることがないので、修復して構造躯体を再利用できます。

Before

After

実際に被災されたお宅でも、コンクリート強度の低下も見られず、保険で全焼扱いとなりましたが、構造躯体はそのままにリフォーム工事を行い、住み続けて頂いている例も。
全てを建て替えることを考えると、被災後のコストは大きく変わってきます。

  • 資料請求
  • 展示場来場予約

レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

長く住めること

  • 耐久性が高いこと
  • ライフサイクルコスト=生涯費用が抑えられる
  • 信頼できる会社を選ぶ

安心して住めること

  • 地震に負けない
  • 火災に負けない
  • 風雨・水害に負けない

快適に住めること

  • 断熱性能が高いこと
  • 遮音性が高いこと
  • 屋上が使えること

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。