レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

 

安心して住める
風雨・水害に強い」

日本では毎年、台風が通過し大きな被害をもたらします。
また、最近では竜巻等の突風による被害も多くなってきています。
いつ遭遇するかわからないこういった自然災害に、どう備えるべきか?
今まで以上の家の耐風水性が求められています。

Resco House Technology

安心して住める
風雨・水害に強い」

日本では毎年、台風が通過し大きな被害をもたらします。 また、最近では竜巻等の突風による被害も多くなってきています。 いつ遭遇するかわからないこういった自然災害に、どう備えるべきか? 今まで以上の家の耐風水性が求められています。

建てる時はもちろん、建てた後も。”家”の生涯を共に見守る会社を選ぶ。

世界的な異常気象のニュースが多くなるなか、日本でも集中豪雨や突風、竜巻などによる被害も多くなってきています。この気まぐれで圧倒的な自然の脅威を前に、家族が安心・快適に暮らすための住まいとして備えることとは?
その答えもレスコハウスにありました。
重く堅牢で動かない。このシンプルな性能が、いつ起こるか予想できない災害に対して有効なのです。

“風や水に対する備えは、家が重く丈夫で動かないこと。
この安定感は每日の安心感につながります”

風雨・水害に強い1

台風・竜巻などの強い風にも"揺れない" 堅牢性

竜巻などの風速は藤田スケール(F)という国際基準で測定されます。例えば、F2は風速50~69m/sで「屋根がはぎとれる程度」と分類される激しい風ですが、レスコハウスはこのF2レベルの突風にも耐えられるよう設計されています。
風速60m/sの暴風の中では、木造や軽量鉄骨は約30mmと、体感的にも大きく揺れますが、レスコハウスの場合の揺れはわずか2mm。揺れているのも気付かないほどです。

木造・軽量鉄骨造 レスコハウス

更に、シミュレーションでは、風速70~92m/sで「一般的な住宅が倒壊する程度」と分類されるF3の突風でも倒壊に至らない事を確認しています。

他人事ではない。日本に大きな被害を与える竜巻。

近年、突風や竜巻による被害が増えており、死者・負傷者や家屋の半壊や全壊など、一瞬にして甚大な被害をもたらしています。このいつ来るとも分からない圧倒的な自然の脅威には、堅牢な家が力を発揮します。

image

風雨・水害に強い2

洪水、津波、土砂崩れなどにも強い「堅さと重さ」

洪水・津波・土砂崩れなどの災害では、水や土砂などによる圧倒的な外力や質量で建物を動かし破壊します。このような外力に抵抗するのは建物の<重さ>と<硬さ>です。

image

2階建て40坪の木造住宅の一般的な重量は約80tですが、レスコハウスは150tと約2倍近い重量があります。重く硬いWPC工法のレスコハウスはこれらの水害に対しても圧倒的に有利なのです。

風雨・水害に強い3

震災で実証された堅牢さ

東日本大震災では津波の被害が大きく、倒壊し、流される家のいたたましい映像をご覧になることもあったかと思います。

写真は宮城県亘理町に建っていた開発初期のレスコハウスと同一工法のコンクリート住宅。
周囲の建物がほとんど倒壊し流される中、強力な津波の力で基礎が浮き上がってはいますが、構造体がほとんど変形せず、元の場所に残っていました。

あの未曾有の地震と津波に遭遇してもなお、その場に残り躯体性能を損なわない強さは、鉄筋コンクリート住宅の「重さと硬さ」があるからこそです。

image

津波の高さでみる、各工法の被害程度

津波の高さと各工法の被害程度を調べると、木造では2m程度の津波で全面全壊に至りますが、鉄筋コンクリート造では5m程度の津波まで持ちこたえるというデータも。ここからも重さと硬さの重要性が分かります。

image

  • 資料請求
  • 展示場来場予約

レスコハウスの鉄筋コンクリート住宅

長く住めること

  • 耐久性が高いこと
  • ライフサイクルコスト=生涯費用が抑えられる
  • 信頼できる会社を選ぶ

安心して住めること

  • 地震に負けない
  • 火災に負けない
  • 風雨・水害に負けない

快適に住めること

  • 断熱性能が高いこと
  • 遮音性が高いこと
  • 屋上が使えること

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。