台風・竜巻・水害から住まいを守る

 

台風・竜巻・水害にも
"揺れない" 堅牢性

日本では毎年台風が通過し大きな被害をもたらします。
最近では竜巻等の突風による被害も多く、
住宅にも今まで以上に耐風水性が求められています。

レスコハウスは硬い甲羅のようなPCパネルに守られ
強風下でも揺れや音を感じない安心感をお届けします。

Wind Resistant

台風・竜巻・水害にも
"揺れない" 堅牢性

日本では毎年台風が通過し大きな被害をもたらします。 最近では竜巻等の突風による被害も多く、 住宅にも今まで以上に耐風水性が求められています。 レスコハウスは硬い甲羅のようなPCパネルに守られ 強風下でも揺れや音を感じない安心感をお届けします。

展示場来場予約

資料請求

60m/sの暴風でも揺れはわずか0.2cm

60m/sの暴風でも揺れはわずか0.2cm

レスコハウスは木造や軽量鉄骨の住宅に比べ重量は約2.5倍。 F2(藤田スケール※)の突風にも耐えられるよう設計されています。 60m/sの暴風が吹き付けても家自体の揺れはわずか0.2cm。 木造や軽量鉄骨の3cmとは比較にならない値です。 シミュレーションではF3の突風でも倒壊に至らない事を確認しています。

※藤田スケール=竜巻などの風速を分類する国際基準
F2=50~69m/s 屋根がはぎとれる程度
F3=70~92m/s 一般的な住宅が倒壊する程度

大きな被害を与えた竜巻一覧

洪水・津波から住まいを守る密実な躯体と重量

洪水・津波・土砂崩れなどの災害では大きな外力や質量が建物を動かし破壊します。 このような外力に抵抗するのは建物の<重さ>と<硬さ>です。 2階建て40坪の木造住宅の重量は約100t、レスコハウスは180tと2倍近い重量があります。 重く硬いWPC工法のレスコハウスはこれらの水害に対しても圧倒的に有利です。

洪水・津波から住まいを守る密実な躯体と重量

津波に強い鉄筋コンクリート住宅

津波による家屋被害は木造では浸水1m程度から部分破壊を起こし始め、2m程度で全面破壊に至ります。 鉄筋コンクリート造においては5m程度まで持ちこたえることが出来ます。

津波に強い鉄筋コンクリート住宅 津波に強い鉄筋コンクリート住宅
資料請求

展示場来場予約

レスコハウスは安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅・鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)メーカーです。