賃貸マンション成功の原則 3W1H。

ビジネスマナーの基本原則としてよく耳にする5W1H。
When Where Who What Why, How をしっかりと把握することで
モノゴトを目的どおりに進めていくという考え方ですが、
賃貸マンションにおいては少し違います。
賃貸マンションの基本原則は3W1H。
Where[どこで:エリア&敷地]、Who[誰に:ターゲット選定]、What[何を:プラン構築]、How much[いくらで:投資効率]を
しっかりと見極め、カタチにすることです。

しかし、これは賃貸マンションの基本であると同時にすべてを兼ね備えるのはとても難しいこと。
レスコハウスでは、そんな3W1Hの要素を徹底した市場調査によってみちびき出すとともに
「パレットシステム」という新しい設計手法により、
正確にパッケージできる仕組みを実現しました。
複雑で多様化するニーズのなかでも効率的に成功へとみちびくこと。
長期安定経営を叶える新たな選択肢が、ここに誕生しました。

上質な暮らしを語る外観美、
そんな佇まいこそ、入居者に選ばれる条件。

考え抜かれた要素の掛け算
「パレットシステム」。

ニーズに応えるパレット。
全60パターン。

「Solo palette」学生・社会人向け

「Duo palette」カップル・DINKS向け

「Family palette」ファミリー向け

  • 複合パレットプランのコンクリート住宅外観
  • スタイリッシュな外観がステータス感を演出。多様性にも応える複合パレットプラン。多様なターゲットに応えられるよう、ワンルームと1LDKパレットを組み合わせたプランに駐車場スペースも確保するなど、車が趣味の男性にもアピールできるプランとしています。
  • ワンルームのイメージ画像
  • 1LDKのイメージ画像
pagetop