地震に強い

HEAVY DUTY TO THE EARTHQUAKE

地震に耐えられる家を建てたい

震災以降、みなさんの地震への意識が高まりました。
「万一の大地震でも被害を最小限に抑えたい」そのために家には何を求めれば良いのでしょう。
地震の揺れに対して強いこと?もちろん、揺れに強く倒壊や変形に強いことで命を守ることは重要です。
そして、その上で、被害を極力抑え、ずっと住み続けられることが大切です。

万が一の地震に備えることは、毎日が安心であること。

ますます活発化する日本の地震活動は、2010年以降130回以上。
2016年の熊本地震では、新築や耐震性が高いはずの建物でも
大きな被害がありました。日本中どこにいても、
地震のリスクから完全に逃れることはできません。
決して「我が家だけは大丈夫」ではないのです。
地震の被害を最小限に抑え、被災後のメンテンナス負担を低減し、住み続けられることが大切です。

2010年~2015年ですでに
90
確実に増えている大地震

※出典:気象庁データを元に作成※グラフは地震の頻度を表すものであり、深度は異なります。

変形しにくい=揺れにくいWPC工法

レスコハウスが採用するのは、
WPC(ウォール・プレキャスト・コンクリートパネル)工法。
これは、強度と密度の高いPC(プレキャスト・コンクリート)パネルを
構造躯体として、箱型に組んだ独自の工法。
一般的な柱・梁で構成される軸組構造とは違い、
壁=面全体で地震の力を受けとめるため、
外力が一ヶ所に集中せず、建物の変形が少なく、揺れ難いのです。

大地震時に共振しない

地盤の揺れには特有の周期があります。
大地震の場合は0.6秒から1.2秒の間にその周期があるとされています。地盤特有の周期と建物の固有周期が一致した時、
大きく増幅された力が建物に加わります。これを共振現象と呼び、その大きな揺れから建物の変形や倒壊を引き起こします。
レスコハウスの固有周期は0.16秒と大地震時の地盤周期に比べ非常に短周期なため共振しません。
一方、鉄骨造・木造はその周期が近く、共振現象が起きやすくなります。

pagetop